読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gocha124の日記

ごちゃごちゃ書きます

Webアプリづくりのお仕事で思うこと

そもそも何が目的とした取り組みであるのか。それに必要な道具が提供でき、道具として提供できないところは、どうするのか。それでやりたいことができるのか?

 

PGMer的には、WEBアプリ作るぞ、コードを書くぞ、知っているソフトウェアや開発言語を使ってやれることやるぞ、と、狭い範囲で考えてしまう。けれども、本当に実現してほしいことを実現することになるのか。手を動かし始めると目的を忘れてしまう・・・あぶないけどありがち。

データの登録画面を作る。何が必要か。検索の画面は?閲覧の画面は?エントリーとなるページは?何が必要か。

 

はてなのようなブログ作成、公開の仕組みが非常に参考になる。というか、こういうものが使えれば、個別に作る必要もない。とはいえ会社で使うものなのでオープンなサービスを使うわけにもいかず、似たようなものをOSSで探したり手組みしたりする。

そういう切なさはあるけれど、誰かがやらないと、誰かが困ったままの状態になってしまうし、お仕事なので喜んでやらせていただく。

 

で何が必要か。